≪売上予知≫チラシで計画通りの売上を出すポイント

今回はチラシの効果について
不安に思っている・疑問に思っている事について書いていきたいと思います。

チラシの効果と言っても、客単価や反応率、折込枚数や折込箇所によっても変化してきます。
ここでは、チラシを折り込んで顧客獲得までの費用対効果が見込めるのか検証する方法や計画についてお伝えしします。

例えば、数字の話になってくるのですが、


(例)
・客単価6,000円の事業
・折り込んだ1,000枚のうち、2人が来店
(実際に折込テストをしながら数字を当てはめていく)

上記の条件を仮定したときに チラシの反応率は0.2%
1000枚折り込んだ時の費用=3,200円前後
2×6,000円=12,000円

◇では考えてみてください。
60万円の売上を出したいと思った時、何枚折り込めばいいと思いますか?

それでは…
60万円の売上を確保するということは、100人の方に反応してもらわなければいけません。
そして反応率は0.2%
つまり、100÷0.002=50,000枚

チラシの折り込み代は16万円前後でしょうか。

今回の反応率と客単価設定は仮説によるものですので、この精度を上げるためには“あなた”の商売環境での反応率を把握する必要があります。

最初は不特定多数に向けてPRした際の反応率が0.01%でも、反応してくれた人に向けた内容でもう一度チラシを折り込めば反応率は上がってくることでしょう。

その際、折り込む場所も考慮すると効果は期待できます。

だから効果測定はとても大切だと私は思っています。

 

面倒なことかもしれませんが、大半の方も手間がかかって面倒だと思っていることが多いです。

他の人がやりたがらない「面倒だと思うこと」こそやるべき事。

業務改善や差別化、あなたの事業が「競合から一歩前へ」進むことができるかもしれません。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL