陥りやすい錯覚について

こんにちは、販促・広告などPR物を通じて顧客獲得や販路拡大につなげるサポートをしております上岡です。

先日は新しく相談の案件を頂きました。
こういった相談については取り組みを始めて日が浅いのですが、「販促物を作成したのでチェックしてください」といった連絡も頂くようになりました。

大変ありがたいことです。

1人でも多くの方に、PR効果が上がる為のサポートを行っていきますので引き続きよろしくお願いいたします。

今回は、お客様との会話をする中で感じる「錯覚」についてお伝えしていきます。

この錯覚は何を指しているのかと言いますと、
デザインがよければ「売れる・集客できると思っている」ということです。

勿論デザインがもたらす魅力というのもあります。
デザインによって「売れた」ということもあることでしょう。

しかし、デザインが良くても中身がスカスカではゴミ箱行きです。
時間と労力、そしてお金をかけて作ったチラシも無駄ということになります。

人間に例えても同じではないでしょうか。
分かりやすい例で言いますと、
・カッコイイ、カワイイけれど
・性格が悪い
・すべてにおいて自分勝手 など

この様な人物と付き合いたい、結婚したいと思いますか?

結婚=売れる と置き換えてみると分かりやすいと思います。

大切なのは「誰に、何を、そしてなぜ購入する必要があるのか」
といったコトを言葉に落とし込むことが大切です。

それを最終的に声にして伝えるのか、文字にして伝えるのかがPR方法の選択になります。

あなたは「カッコイイ・カワイイ」よりも優先するべき内容はありますか?
時には、「なぜあなたから購入しなければいけないのか」など自問自答してみることをお勧めします。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL