POPひとつで販路開拓が実現

こんにちは、上岡です。
前回に引き続き、“PRが販路拡大につながる”ということについて触れていきます。

この度お伝えするのはCMや広告看板といった大金が必要なPRでも、手間隙かけたチラシでもありません。
半日もかけずに作ったポップについてです。

勿論、必ず販路が開けるとは限りません。
しかしポップを見て取引が始まることがあります。

想像してみてください…

例えば、農業を行っている普通の“一般的な生産者”が直売所に作物を並べます。
その時にポップも添えておくと
・目立つ
・積極性を感じる
・生産者と商品の印象が良くなる
・信頼性が増す

この様な印象を持ちませんか?

そこで、買いに来た消費者にとって「悩まず買いやすい状況」を作ることができます。
そして生産者のファンとなり得るのです。それも一つの販路ですよね。

次にこの様なパターンもあります。
それは…
こっそりとバイヤーや商売人が「良い商品」を探しに来ることがあります。

その際に目立っていると「良い商品」だと思ってもらえる確率が高まり、取引が始まります。

と、実はこれ最近私がポップを作らせていただいた方の事例です。

その生産者から電話があり、
・商品がよく売れるようになった
・見ず知らずの業者との取引が始まった
この様な喜びの報告を頂きました。
商品自体もすぐに完売で「足りなかった…」と仰っています。

この様にPRで販路が開ける事例もありますので、あなたもPRを怠らずに魅力を伝えていきましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL