「迷い」を断ち切りたい時のマインドとは

こんにちは、上岡です。

今回はマインドについてです。
ここでいうマインドというのは気持ちや精神のことを指します。

迷ったりするときってありますよね。
その時の思考パターンについて触れていきます。

私は結構気持ちがぶれる人間なのですが、その時に思うのが
・「迷っても仕方ない」と思う自分と
・できないことを想像して恐れている自分

まるで天使と悪魔のような自分がいるのが分かります。

考えてみると単純明快なのですが、
迷っていてもクヨクヨしていても何も解決しないんですよね。

だから私はよく、
小さい階段を作ります。

この「小さい階段」というのは
・やりたくても自信がない
・やるかやらないか迷う

そんな時に役立つ階段です。

階段というのは一段一段の組み合わせ。
大きな段差のある階段を上るのが厳しかったら、小さな階段を作って上がればいいという考えです。

例えば…
自信がないのは経験が少なかったり、成功実績が少ない場合が多いですよね。
なので身近な人に経験させてもらったり、成功するまで無料でサービスしたりするわけです。

その他にも、目標に向かってできることから一つ一つ新しいことにチャレンジしていくことです。

商売・ビジネスには「答え」がないと言われています。
いつも答えは変化し、環境によっても様々。

答えを探し続けても迷い込むだけ。
それよりも今やるべき“何か”を少しずつでもチャレンジしていくことがポイントではないでしょうか。

迷う時間も労力も貴重な資産の一部です。

さぁ迷ってないでやっちゃいましょう!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL