売れるポジションって?

こんにちは。店舗経営や企業が伸びるための戦略からアプローチ方法まで考えるサポートを行っております上岡です。

昨日は朝から夕方まで自分の畑に行って、「ジャガイモ」を植える準備をしていました。
ちなみに今回から少し、植える面積を増やしました。ショベルカーは便利ですね、人間がやるより遥かにスピーディーでいい仕事をしてくれます。次はトラクターで耕す作業を行います。

さて、あなたは自分たちが集客・業績アップを行うために”差別化”を意識すると思います。

差別化と言っても、競合の調査と自己分析ができていないと只の勘違い・妄想になってしますので、時間を費やしてでも考えた方がいいと思います。

その為のポジショニングを決める方法はこれです。

①好きなこと・得意なことは何か

②実績・資格は何があるか:大きいことに限らず、小さいことでOK

③人から褒めてもらえることは何か

④自分が悩んでいたことが克服できたことは何か

その他、時間を費やしてでもできることは何か

上記に当てはまる様なことが今現在活かせているのであれば、競合に打ち勝つことができているのではないでしょうか。

反対に上記に当てはまらないことを差別化として行っているのであれば、大きな企業・店舗と差別化できていない可能性があります。

「あなたが思う大手」と「あなた」の違いが何か。
そしてその”違い”を理由に利用客はあなたを選んでいますか?

もし選んでいないとしたらあなたが一方的に”違い”だと思い込んでいるだけ、或いは顧客にとって重要ではないことかもしれません。

”違い”から生まれるポジショニングについて本気で考えてみるべきだと私は思います。

ポジショニングが決まってからの販促活動・広告は、とても頼りがいあるものになってきますので、もう一度見つめ直してみるのも良いでしょう。

 

あなたの事業が営業なしに継続的に行える仕組みづくりをサポートします。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL