作って終わりはダメ。ホームページのアクセスを増やす方法

こんにちは、本日は皆様お馴染みのファーストフード店から「広告看板の設置場所を探してください」と依頼がありました。

以前も広告看板を設置させていただいたので、今回は追加設置を考えているそうです。
集客には、接触回数が大切なのはこのブログで何回かお伝えしていますが、既に知っているという方は、ターゲットも絞られていることが多いです。

そのオーナーは以前、この様な事を言っていました。
結局私たちの商売はチラシとか看板などの販促物で成り立っていると。

だから看板の設置場所にもこだわっているのだと分かりました。

他の商売ですと看板以外の媒体も必要になってきます。
例えばオンラインでの集客。

最近では簡単にホームページが作成できますので、インターネット上でも競合が多く、ホームページだけでの集客は難しいのはあなたもお分かりだと思います。

あなたがホームページを立ち上げて間もないのであれば、訪問数を確認してください。

・アクセス数が少ない…
・アクセスが伸びない…

といった状況ではないですか?

そのアクセスの中には、あなた自身やあなたの知り合い、ウェブ関係の会社(SEO対策の営業のため)などが考えられます。

ではホームページのアクセス数を増やすための方法と言えば、

・入口を増やす
・ホームページでブログを書く
・コンセプトに合ったキーワードを多用する
・文字を増やす などがあります。

〇 入口を増やす
SNSやアメブロから引っ張ってくる

〇 ホームページでブログを書く
キーワードを増やす、同じキーワードの頻度を増やすことが簡単にできる方法

〇 コンセプトに合ったキーワードを多用する
ウェブ上ではパトロールを担当するコンピューターがいます。
コンピューターは、このホームページは「しっかりとコンセプトが定まっているのか」という判断をし、優先順位を考えます。

〇 文字を増やす
内容が薄いホームページより濃いホームページの方が優先されます。
その指標の一つが文字数ということです。

 

情報があふれている世の中。インターネットで検索する際に関係のない情報が出ないよう、
消費者はキーワードを絞ります。
「地域名 ランチ パスタ」
この様に検索すると、検索結果が絞られるので消費者が望んでいる店舗にたどり着きやすい。
つまり、あなたのホームページ上での競合も減り、なおかつ消費者もあなたの様な店舗を探している訳ですので、来店につながりやすい。

もしも自分でホームページの運営を行っていくのであれば、コンセプトを決めて同じキーワードを多用する。

多用するためにブログを書く。SNSからホームページへ誘導することなど試していただければと思います。

 

広告・販促物プランナー 上岡裕明

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL