SNSの記事を多くの人に見てもらうための方法

今回はウェブ関係のお話です。

以前に「SNSからホームページへ誘導する」とお伝えしましたが、SNSの閲覧数を伸ばす方法ってご存知ですか?

例えば
・時間帯
・文字数
・写真の有無
などがあります。

〇 時間帯
フェイスブックやツイッター、インスタグラムを見てるとこんなことありませんか?

タイムラインの記事が多すぎて埋もれる…。

人に見てもらうためには、できるだけタイムラインの上に(新しい記事)表示されることが理想です。
ユーザーがSNSを見ている時、或いは見る直前に記事を投稿する様にしましょう。

時間について…
基本的には、朝6~7時、昼12~13時、17時、20時、23時が多い傾向にあります。
土日の休日には1時間ほど遅くなります。

〇 文字数
文字数と書きましたが、文字数が多いと読む気がしないので気を付けること。
文字数だけでなく、行数も大切になります。

記事によっては「…続き読む」ってありますよね。
これって読む気なくなりませんか?
SNSは基本的に流し読みですので、全文が表示される位の文字数にするべきです。

〇 写真の有無
文字だけより、写真があった方が目に留まりやすいですよね。
インスタグラムがその例ですが、文字に連動した写真もある方が親近感も沸きます。

 

SNSは拡散もしやすいですが、情報の質が軽くなってしまう傾向があるので、自分のターゲットに合わせて言い回しも変えていきましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL